ランドセルの収納の機能は丈夫で使いやすい

型崩れしないのできれいに入れられる

新品は何でも形が整っています。しかし、長く使うようになると、使い手の使い方によってどんどん変形してkる場合があります。また、ちょっとした衝撃で変形してしまうこともあります。正しい形で使ってこそ長く使えるので変形してしまうとうまく収まらないこともあります。ランドセルにおいては収納の機能が重要になりますが、使いやすいタイプとしては型崩れしにくい設計があります。教科書などを入れる部分が柔らかいと、長く使っているとその部分が変形して当初の形を維持できなくなる可能性があります。教科書を入れる部分に強度を高めるための素材が入れられていて、変形しにくいようになっています。1年生の時から6年生になるまで、ずっと同じ使い方ができるようになっています。ふたの部分も丈夫に作られています。

A4版も楽々入るような設計になっている

日本の書類のサイズとしては、A4版とB5版があります。世界的にはA4版が一般的とされていますが、日本の古くからあるサイズとしてB5版が残されています。コンパクトなので使いやすいのもあるのでしょう。ただ、小学校の教材ではA4版がどんどん使われるようになっています。ランドセルにおいて収納部分の機能を見るのであれば、どんなサイズの教材をきちんと入れることができるかのチェックが必要です。今はA4版が定番になっていますが、実際は2つの種類があります。A4のクリアファイルがきれいに入るタイプと、A4のフラットファイルが入るタイプがあります。フラットファイルが入るものの方が少し入れる部分が広くなります。それぞれの学校によって対応が異なるため、事前に確認しておくとぴったりのものを用意できます。

ポケットが使い分けられるタイプ

ランドセルのメインの収納といえば、教科書やノートなどを入れる部分でしょう。特に仕切りなどがないので、少ない荷物の時でもたくさんの荷物の時でも対応できるようになっています。それ以外の機能として、ポケット部分があります。こちらはそれほど分厚いものが入れらえるわけではなく、連絡帳であったり、ちょっとしたプリントなどを入れておける部分になります。フリーなっていて出し入れしやすくなっているものもありますし、ファスナーがついていて、逆さにしても落ちないような設計になっているものもあります。教科書などを淹れるわけではないですが、先生と親が連絡をしたいときには、この部分が活躍することになります。ですから、使いやすさを考えているタイプの方がいいかもしれません。ポケットが細かく分かれていたり、ちょっとした小物などが入れられるようになっているものもあります。デザインもそれぞれで異なるので、選ぶときに注意すると良いでしょう。